alloapm

RELEASES: alloapm – Gorilla Slighly (SNLNX008)

LISTEN

alloapm is the creative outlet of Malc Yacob and Amelie Mirror Adnis hailing from Tokyo, Japan. Both producers in their own right, the two of them have independently released music in the past.

Some might remember the name Laserboy, Yakob’s former moniker, who released a row of 12′ of singles and remixes on the eclectic Serotonin Imprint (Fisherspooner, BPMF, John Selway) before forming alloapm.

Having played in various clubs in Tokyo, alloapm have quickly proven themselves as a solid duo both live and in the studio, delivering a unique blend of synthified dance music and futuristic interpretations of melody.
Their style is a uniquely retro-infused synth collage which often features lines of hard vocoded top-lines, locked-in bass grooves and beautiful synth harmonies that make for a fresh take on disco music.

‘Gorilla Slighly’ is their first single on Sunlinxx Records and sets a great example of their strangely catchy and colorful productions.
It is a sweetly nostalgic slow disco number that equally draws up a picture of humid summer days in the busy streets of Shibuya and remote daydreams of beaches and crystal clear skies.

The EP is accompanied by remixes from Keenhouse, Rhythm Droid andAbelard.

”alloapm”とは、”Malc Yacob”と”Amelie Mirror Adnis”二人による、東京から発信されるクリエイティブなプロデューサーデュオである。

二人は”alloapm”として活動する以前から、すでに、個々のプロデューサーとして音源を発信してきていた。覚えている人も多いと思うが、”Yakob”の以前のアーティスト名”Laserboy”による、シングル、リミックスの12インチの数々は、レベール”Serotonin”(Fisherspooner, BPMF, John Selway)から発信されていた。

東京のクラブの数々で、彼らのシンセなダンスミュージックと未来的なメロディーのブレンドをプレイしてきたことにより、”alloapm”はデュオとしてその揺るぎない演奏の腕をを、ライブでもレコーディングスタジオでも認められてゆくようになっていった。

彼らのユニークでレトロなシンセコラージュ、そのスタイルとは、ボーコーダーのかかったトップラインに、ベースグルーブで下を固め、美しいシンセのハーモニーによってフレッシュなディスコミュージックを仕上げていると言えよう。

 ”Gorilla Slighly”は彼らの”Sunlinxx Records”からの初のシングルとなり、それは彼らの不思議でキャッチーな未来的サウンドの代表作になるであろう。それは、まるで甘く懐かしいスローディスコのようであり、蒸し暑い夏の渋谷の町並みで、真っ青な空の下にあるビーチを夢見るような音である。今回の EPは”Keenhouse”と”Rhythm Droid” そして ”Abelard”の3アーティストによるものになっている。